ウォーターサーバーと浄水器を比較

備蓄として利用できるサーバー

ウォーターサーバーと浄水器を比較した時にサーバーのほうがメリットとなるのは、水を備蓄できる点です。浄水器は水道の蛇口に取り付け、水は水道水を使うため水を備蓄する考えは有りません。直接水道水を綺麗にして飲む形です。災害や水道のトラブルがあり水が出なくなれば、浄水器は役に立ちません。一方ウォーターサーバーはボトルで水が届けられ、家庭にある程度備蓄することができます。災害時の備蓄と言う考えなら、断然ウォーターサーバーのほうがメリットが高くなります。

 

東日本大震災によって「水を備蓄する」と言う考えは広まりました。今まで水は浄水器でも十分と考えていた人も、備蓄できない事に気がつきウォーターサーバーに変えた方も居ます。自分でミネラルウォーターのペットボトルを買って来て、定期的に交換できる人は良いでしょう。

 

しかし、水の賞味期限の管理や重たい水を運ぶと言う手間はあります。ウォーターサーバーなら水は常に新鮮なものが届けられ管理が楽、配達もスタッフの方や宅配業者の方が行なってくれるためとても手軽です。自家用車をお持ちで無いなら、手間を考えてもウォーターサーバーのほうが良いのではないでしょうか。浄水器の水を備蓄する際も、水を定期的に交換する手間がかかってしまいます。